エコ&低価格!維持運営も楽な壁面緑化・屋上緑化のご相談なら、株式会社みどりの産業へご相談ください

〒133-0056東京都江戸川区南小岩3-19-18みどりのロハスビル

お気軽にお問合せください

03-3673-1469

FAX

03-3673-1456

害虫駆除

毎年、行なっているケムシ、蚊の対策に加えて

セアカゴケグモ・マダニ・ヒアリの対策も承ります。

ケムシ等でのクレームにお悩みではありませんか?

ケムシ等で、近隣からのクレームにお悩みではありませんか?

上記のマンガの説明にもありますが、多くの害虫に効果のあるアセフェート剤のカプセルをカートリッジに入れた業務用製品を樹幹に打ち込んでケムシ等の不快害虫を駆除します。

薬剤散布との違いは、作業時刻や風向きにもとらわれず、周囲への飛散の心配がありません。

 

(注)このカプセルは、害虫の発生(ふ化)前に処理しないと効果がありません。 夏場での発生を防ぐのであれば、4月下旬位から打ち込むのがベストです。

樹木に穴をあけたくない。カプセルを打ち込む程、太い木ではないなどの条件での場合には、その樹木の周りに穴を掘り、薬品を埋めて浸透させる工法もあります。

樹木の幹肌に残ります無数の穴と薬のカプセルをどうにか出来ないかとのお声は多数寄せられておりました。 そこで当社が考えましたやり方が、この埋め込みの新技術です。これは施工時期と投薬量そして樹種樹木寸法が制限され、その見極めが肝心です。

この工法は最も実害の多く出ます害虫、「チャドクガ」の大好きなツバキ、サザンカには特に有効に働きます。

薬剤散布

すでに発生してしまった「ケムシ等の不快害虫の殺虫処理」や過去に公園閉鎖とニュースにもなった「デング熱を持った蚊の殺虫処理」を致します。

特に蚊の薬剤散布に関しましては、蚊の発生する時期の2週間に1回のペースで定期的に行ないます。(関東近郊に限り)期間の延長、薬剤散布の回数等はお気軽にご相談下さい。